呼吸器外科

診療内容・特色

当院は広島県の中央医療圏で唯一、呼吸器外科を標榜している病院であり、地域の医療施設と密に連携しつつ、数多くの患者さんを診察しております。また国内外における有数施設で診療歴のある呼吸器外科専門医、外科指導医が複数在籍する広島県内でも数少ない病院です。呼吸器外科専門医合同委員会の基幹施設にも認定されております。

 診療に関しては、根拠にもとづいた治療を患者さんが十分に納得して受けていただけるよう心がけています。呼吸器疾患で来院された患者さんの治療方針は、呼吸器内科・放射線科と毎週カンファレンスを行い、チームとして各科が協力し充分な診断・治療が行える体制が確立しており、当科はその外科部門を担当しています。

地域がん診療連携拠点病院および広島肺がんネットワークの一施設として呼吸器外科領域におきましても地域の皆様が安心して医療が受けられるように、がん診療に更に力を入れていきたいと思っています。

 

呼吸器グループの御紹介

呼吸器グループ Updated Topics and Report

主に扱う疾患

肺、縦隔、胸壁、横隔膜など、胸部の良性・悪性の疾患を対象としています。

具体的には、以下の疾患に対する外科治療を行っています。

1)腫瘍性疾患として肺癌、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍など。

2)炎症性疾患として結核、非結核性抗酸菌症、肺真菌症など。

3)嚢胞性肺疾患として自然気胸、巨大気腫性肺嚢胞など。

4)その他に胸部外傷や膿胸など

得意とする分野

内視鏡(胸腔鏡下)手術を早くから行っていた広島大学病院で学んだ手術手技を、当院においても積極的に応用しています。現在当院における手術の大半が胸腔鏡下での手術となっています。 昨年度に最新型モデルの内視鏡装置を購入し、4K液晶モニター下に極めて高精細な映像による繊細な手術が可能となっており、かつ特殊光を用いた最先端の内視鏡手術を行っています。⇒医療の話題 第120話(呼吸器外科)

手術のみでの治癒が難しいと思われる進行肺癌では、呼吸器内科や放射線科と協力し、化学療法や放射線治療と組み合わせて手術を行う事もあります。更に必要があれば心臓血管外科や整形外科などと協力して拡大手術も行っています。

結核や非結核性抗酸菌症、膿胸などの呼吸器の感染性疾患に対しても、呼吸器内科の協力の下に積極的に手術を行っています。

最近の話題

近隣の医療機関の先生方からご紹介をいただき、呼吸器外科の手術件数も年々増加し 昨年度は計133例(肺悪性腫瘍62例、気胸34例など)でした。その中でも肺癌に対する内視鏡(胸腔鏡)を利用した手術が増えています。特に高齢者への手術が多いため、体に負担が少ない手術、手術を安全に乗り切るため多職種チーム体制による最先端の周術期管理を行っていきます。

気胸に対する胸腔鏡下手術は再発率が開胸の手術に対して高くなる事が問題となっておりますが、胸膜補強剤や、特殊な麻酔法(選択的肺葉換気)などの新しい手法を使い、再発率の低下を実現すべく努力しています。

クリニカルパスの導入や、より低侵襲の手術法を心がけること、さらに最先端の周術期管理により、肺の部分的な切除では6日前後、肺癌の手術では10日前後で退院して頂いております。

主な業績

1)鍵本篤志, 柴田 諭ほか. 嚢胞状変化を呈した縦隔セミノーマの1例. 胸部外科 70巻7号 545-547 ,2017
2)鍵本篤志、柴田 諭. 外科的治療を行った胸囲結核. 胸部外科70(6): 422-425,2017
3)原田洋明.肺切除術周術期に多職種チーム体制で行う進化型術後回復促進プログラム(Advanced ERAS protocol)の臨床的有効性に関する研究.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 27巻1号 22-26,2017

1)H. Harada, et al. Preoperative Serum Oxidative Stress Levels are Associated with Aberrant PCDH10 Methylation in Serum and Poor Clinical Outcomes in Curatively Resected Node-negative Non-small Cell Lung Cancer. 22nd Congress of Asian Pacific Society of Respirology, Sydney, Australia, 2017
2)H. Harada, et al. Combined Analysis of Epigenetic Inactivation of MDFI, DLX4, and PCDH10 in Stage I Non-Small Cell Lung Cancer for the Assessment of Prognostic Impact. 47th World Congress of Surgery, Basel, Switzerland, 2017

1)原田ほか:22nd Congress of Asian Pacific Society of Respirology(アジア太平洋呼吸器病学会)において、Best Abstract Award of Lung Cancerを受賞
2)原田ほか:47th World Congress of Surgery(万国外科学会)において、Best Poster Prize Winnerを受賞
3)川﨑、原田ほか:第58回日本呼吸器病学会中国・四国地方会において、優秀演題賞を受賞
4)佐々木、原田、柴田ほか:第68回日本結核病学会中四国支部会において、優秀演題賞を受賞

医師紹介

統括診療部長 柴田 諭(しばた さとし)

胸腔鏡手術を積極的に行っています。患者様に充分納得頂いた上での治療を心がけております。

平成2年卒

平成17年4月より当センター勤務

【専門分野】

 肺癌、縦隔腫瘍、胸腔鏡下手術、呼吸器疾患診断治療、気管支鏡検査

【認定資格】

  • 医学博士
  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会 認定医・正会員
  • 日本呼吸器外科学会評議員
  • 呼吸器外科専門医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・認定医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • The best doctorsTM in Japan 2010-2011

部長 原田 洋明(はらだ ひろあき)

患者さんや近隣医療機関の皆さんとの相互理解を大切にした診療を心がけてまいります。

平成8年卒

平成29年4月より当センター勤務

【専門分野】

 肺癌、縦隔腫瘍、胸腔鏡下手術、呼吸器疾患診断治療、呼吸リハビリテーション

【認定資格】

  • 医学博士
  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会 認定医・正会員
  • 日本呼吸器外科学会評議員
  • 呼吸器外科専門医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・認定医
  • 肺癌CT検診認定医
  • JTECプロバイダー

医師 村上 千佳(むらかみ ちか)

呼吸器外科一般を中心に取り組んでいます。地域医療に貢献できるよう励んでいきます。

平成25年卒

平成30年4月より当センター勤務

 

トップに戻るサイトマップ診療情報の開示について診療情報の提供についてセキュリティーポリシーコンプライアンス個人情報保護方針リンク集

ページの先頭へ