消化器内科

診療内容・特色

私たちの診療科は、消化器内科です。消化器というのは、食べ物の消化と吸収に関連する全ての臓器を言います。

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢などが含まれます。

私達が扱うおもな病気は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌、逆流性食道炎、食道静脈瘤、食道癌、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、胆石症、胆嚢炎、胆嚢および胆道癌、腸炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、大腸ポリープ、大腸癌などなどです。

私達は消化器の専門家として、患者さんの症状をていねいに聞き、専門家としての知識と経験から検査を行い、診断し、最も有効でそれぞれの患者さんに最も適した治療法を選択します。

私達が行う主な検査は、内視鏡検査や、お腹の中の異常を超音波やX線で捉える、腹部超音波検査やX線CT検査、MRIなどです。

最近の検査装置や検査技術の発達はすばらしく、胃内の5mm程度の早期癌も見逃しませんし、肝臓の1cm程度の小さな癌も捉えることができ、より早期に治療が行えます。

また、胃癌や、肝臓癌の発生を事前に防ぐことも、ある程度可能になってきました。

腹が痛い、胃の調子がよくない、食欲がない、体重が減ってきた、腹がはる、胸焼けがする、便が出にくい、下痢がしやすいなどの症状がある時、受診し御相談ください。また、検診で貧血や肝機能異常がみつかったり、便の潜血反応が陽性であったような場合等、消化器に何か不安があるような場合は私達の消化器科をご利用ください。

対象疾患

食道炎、胃食道逆流症、食道潰瘍、食道癌、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、出血性胃炎、蛋白漏出性胃腸症、胃癌、胃MALTリンパ腫、大腸癌、イレウス、虫垂炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、出血性大腸炎、腸結核、腸ベーチェット、大腸憩室症脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、非アルコール性脂肪性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肝膿瘍、急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、胆嚢炎、胆石症、胆道癌、総胆管結石

対象症状

  • お腹が痛い(腹痛)
  • むかつきがある(嘔気)
  • 胸焼けがする
  • 食物がつかえる
  • 食欲がない
  • 血を吐いた
  • 血便が出る
  • 黒い便が出る
  • 便秘である
  • 下痢が続く
  • 体重が減少する
  • 体が黄色くなる(黄疸)
  • 発熱がある
  • 体がだるい
  • 尿が褐色である
  • 便が白っぽい
  • お腹が膨れる
  • 腹水がある

医師紹介

部長 濱田 博重(はまだ ひろしげ)

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会認定専門医
  • 日本消化器病学会認定指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医、指導医

平成4年卒

平成26年4月より当センター勤務

医師 大原 英司(おおはら えいじ)

  • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本がん治療認定機構認定医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医、専門医、指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

平成14年卒

平成24年4月より当センター勤務

医師 苗代 典昭(なえしろ のりあき)

  • 医学博士
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本肝臓学会専門医

平成16年卒

平成27年4月より当センター勤務

医師 石垣 尚志(いしがき たかし)

  • 日本消化器病専門医
  • 日本内科学会認定内科医

平成16年卒

平成27年4月より当センター勤務

医師 井川 敦(いがわ あつし)

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本カプセル内視鏡学会認定医
  • 日本消化管学会胃腸科暫定専門医、指導医、認定医

平成19年卒

平成29年4月より当センター勤務

 

トップに戻るサイトマップ診療情報の開示について診療情報の提供についてセキュリティーポリシーコンプライアンス個人情報保護方針リンク集

ページの先頭へ