呼吸器内科

診療内容・特色

  1. 結核・非結核性抗酸菌症の診療:結核に関しては、広島県の拠点病院として機能しており、薬剤耐性結核、副作用のため標準治療ができない場合にも対応しています。最近、結核は高齢者、免疫低下を伴う様々な合併症を伴うことが多くなっていますが、他の診療科の協力により血液透析を始め様々な合併症の多くにも対応可能です。また、結核の類縁疾患である非結核性抗酸菌症についても豊富な症例経験をもち、治療方針等に関して多くの医療機関、患者様から相談を受けています。
  2. 肺がんの診療:広島県における地域がん診療拠点病院として、積極的に肺がんの診断、治療に関わっています。呼吸器外科、放射線科(画像診断・放射線治療)とともに肺がん診療チームを構成し集学的治療の円滑な遂行を目指しています。
  3. その他の呼吸器疾患:地域における様々な呼吸器疾患(気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎等のびまん性肺疾患、また様々な気道感染症等)に幅広く対応しています。
  4.  

     呼吸器グループのご紹介

今後の目標・展望

従来、東広島医療圏の肺がん症例の3~4割が広島や呉等の域外で治療を受けていると推測されます。当院の肺がん診療チームは、日本臨床腫瘍学会の暫定指導医や日本放射線治療学会認定医など、地域がん診療拠点病院に必要とされるスタッフを備えており、この医療圏内のほとんどの肺癌症例に対して緩和ケアを含めて充分な医療サービスを提供できるように、引き続き診療レベルの向上につとめてゆきます。
結核診療に関しては、入院患者の減少に伴い2012年より結核病床を縮小し20床で運営しています。大半の病床を個室とし、療養環境の改善と院内における結核の重感染の防止に努めています。

医師紹介

診療部長・呼吸器内科部長 村上 功(むらかみ いさお)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本がん治療機構暫定教育医
  • 日本呼吸器学会専門医・指導医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 医学博士
  • 島根大学医学部臨床教授
  • 総合内科専門医

昭和61年卒

平成16年4月より当医療センター勤務

専門分野:肺癌

肺癌診療チームのリーダーとして、肺癌治療のレベルアップにつとめています。またICT(感染制御チーム)の一員として活動し、院内感染のコントロールに尽力、また臨床研究部の呼吸器部門の主任研究員として、肺癌の遺伝子の異常についての研究や発表も行っています。

医長 宮﨑 こずえ(みやざき こずえ)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
  • 医学博士

平成4年卒

平成27年4月より当センター勤務

医師 小川 喬史(おがわ たかし)

  • 日本内科学会認定医

平成20年卒

平成26年4月より当センター勤務

医師 下地 清史(しもじ きよふみ)

  • 日本内科学会認定医

平成24年卒

平成27年4月より当センター勤務

非常勤医師 重藤 えり子(しげとう えりこ)

昭和49年卒

昭和50年6月より当センター勤務

トップに戻るサイトマップ診療情報の開示について診療情報の提供についてセキュリティーポリシーコンプライアンス個人情報保護方針リンク集

ページの先頭へ