トップに戻る病院紹介 > 院長あいさつ

院長あいさつ

 

 

このたびは東広島医療センターホームページにアクセスして頂き有難うございます。 当院は、昭和14年に傷痍軍人広島療養所として発足し、平成16年には厚生労働省から独立行政法人に移行し、それに伴って国立療養所広島病院から東広島医療センターへと改称し現在に至っています。この間、結核医療から、一般医療、さらには急性期医療へとその機能を変えていくと同時に、広島中央医療圏の中核病院としての役割を担うようになってきました。

もちろん当院には以前より国立病院機構が推進してきましたがん・循環器病・呼吸器疾患・内分泌代謝性疾患に関する専門医療施設としての位置づけもあり、特に広島県においては結核医療の重要な役目を現在も果たしています。しかし現在当院のその中心的役割は、東広島市を中心とした広島中央医療圏の急性期中核病院としていかにその機能を深化させていくかであると考えております。

平成24年には当院は地域周産期母子医療センターを開設し、病気と闘う病院であると同時に次の世代の新たな生命をはぐくむ病院にもなりました。大変喜ぶべきことですが、一方で日本は人口病ともいわれる高齢化社会の複雑な病理と取り組まざるを得ない状況となっています。解決は容易ではありませんが、地域で医療資源を最大限活用し協力し合うことが最も求められています。地域の皆様・行政および医師会、大学などと協力しながら、自らの役割と機能の保持強化ならびにニーズに応じた体制の構築を目指す必要があります。

我々医療関係者が常に念頭に置いていることは”患者さんのために”です。どんな状況に置かれても、どんな議論になってもここに収斂します。当院が目指すところは当院の理念や基本方針にありますように、患者さん本位の誠実で親切な、心温まる医療をめざし、また日頃から研鑽し科学にもとづき、また患者さんが納得できる先進医療を取り入れながら安定的に安心で安全な医療を提供することであると考えています。 これを目指すためにも当院の職場環境、チームとしてのつながりや協調性、さらに施設整備や人員配置、医療機器整備などのための健全な病院経営も重要と考えます。さらに学生、医師、看護師その他多くのメディカルスタッフを教育研修し、啓蒙活動や地域の医療福祉をささえる皆様との連携し学ぶことが大切です。

地域関係者の参画・連携・協働に基づいた地域包括ケアの重要性が言われているなか、当院はこの地域の医療文化の一端を担うべく努力してまいりますので、今後も温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

トップに戻るサイトマップ診療情報の開示について診療情報の提供についてセキュリティーポリシーコンプライアンス個人情報保護方針リンク集

ページの先頭へ